豊かに生き延びる

ノンノンフィクション サバイバルに生きろ

癖のあるなし

いつもの

T-DAです。

 

私は、

 左利きで

 理系寄りの文系

 同時に作業できる量は1つ

 突然歌うし

 一人だけ全身制服

 生活にルーチンは多く

 記憶力はまぁあるほうで

 趣味は大体一人でやるものが多い

 料理はおいしいときもあればまずい時もある

 嫌なことは嫌というし

 暇なときは暇という

 人のことが好きになったり嫌いになったり

 でも、動物はいつも好き

 朝は起きれるけど低血圧。

 

私という人間は癖があるらしい

でも、なんでかってみんなはわからないらしい

自分のことについて書いてみると、どうにも普通である面が書けていない気がする。

でも、普通なことをそのまま書くとなんだか癖があるように見えたりする。

 

癖がないってなんなんだろう

私、お米のこと人並みに好きだわ とか言わないし。

私は人並みの悩みをもっているって言っても、どんな悩みかぱっと出てこない。

 

漠然とした気持ちを もしかしたら癖がないというのだろうか。

実際には癖がないわけではないけど、癖がないように見える

漠然としたもやもやの部分がいろんな人のそれと重なる範囲が大きいほど癖がないのかもしれない

 

もし、癖のあると思われた人の癖のない部分が人前にさらされて

偏見からそれすら癖のあるものと思われたら。

その癖のない部分は自分の中に少し癖をつけて戻ってきて、

自分の中で新たな癖になってしまうとしたら。

 

やっぱり、最初の癖ってどうやってできてるかわからない

 

でも、みんなから私がどうして癖があるのかわからない理由が少しわかった気がした。